こんにちは、アニメ大好きのmocatyanです。

このブログは文字少なめ、画像多めでアニメの
ストーリーを追っていくブログです。

上から順にサッと見ていただけたらと思います。


今回は、『魔女の旅々』の第5話です。 



大きな国セレステリアを訪れたイレイナ

そこでは懐かしいフラン先生との再会が待っていました。





王立魔法学校という施設を見つけたイレイナ
1


学校に入ろうとすると・・・
関係者以外は立ち入り禁止と入場を断られてしまいます。
2


「少しくらいいいではないですかねえ・・・。
とりあえず宿を探しましょう。」
魔法学校を後にして街に宿を探しに行くイレイナだったが・・・
3


突然、魔法学校の生徒に呼び止められて・・・。
生徒
「何も聞かずに私たちについてきてもらえませんか?」
イレイナ
「嫌です。」即答(笑
4


気が付くと周りは魔法学校の生徒だらけ
全員がイレイナを捕まえようとします。
5



イレイナ鹵獲作戦
「わかりました、こうなったらトコトンやってあげましょう」
生徒たちに魔女と学生の力の差を見せつけるイレイナでした。
6



そこに現れたのは、イレイナの師匠であるフラン先生
フランは王立魔法学校の先生で生徒たちにイレイナを捕まえるよう
指示をしていました。
本物の魔女との実力の差を生徒たちに体験させるためでした。
「お久しぶりです。イレイナ」
7


フラン先生との数年ぶりの再会です。
8


その夜、積もり積もった話をする二人でした。
フラン
「イレイナはどうして旅人になろうと思たのですか?
やはりお母さまの影響?
イレイナ
「お母さんの?」
フラン
「あら、違いましたか」
イレイナ
「小さいころに読んだ”ニケの冒険譚”の影響が大きいですね」
9


翌日、イレイナはフランの要望で魔法学校の講師を務め
仕事が終わったフランはお気に入りの場所にイレイナを連れてきます。

このアニメは背景の作画が本当に綺麗ですね。
10


翌日に旅立つイレイナにフランはイレイナの好きな物を尋ねます。
フラン
「花どうです。」
イレイナ
「まあ、好きですけど」
フラン
「じゃあ、花が好きということで明日門の前で会いましょう」
11


翌朝
門の前にフランの姿は無いように思えたその時・・・
上空から無数の花びらが・・・。
フランと生徒たちからの見送りでした。
12


生徒たちから見送りの言葉をもらい
フランから「また、いつか会いましょう」
との言葉に送られてイレイナも凄く嬉しそう。
13


そして魔女の旅は続くのでした。
14





今回、フランとの会話の中で???な部分がありましたね。

そうです。

「お母さまの影響?」という箇所です。

もしかしたら、お母さんが魔女ニケだったのでは?と考察します。


前回、前々回と重たい話が続きましたので

今回は暖かいエピソードで良かったです。





関連記事

 
 
 





魔女の旅々を全話無料で見る方法